ホーム > お知らせ・コラム > 手取り12万で女性の一人暮らしは可能?支出内訳ややりくりのコツを紹介

手取り12万で女性の一人暮らしは可能?支出内訳ややりくりのコツを紹介

女性が一人暮らしを考えるとき、大きな問題になるのが収入面です

「収入が少なくても一人暮らしはできる?」「手取り12万円でも大丈夫?」などと一人暮らしをしたいけれど、迷っている方も多いかもしれません。

この記事では、女性が手取り12万円で一人暮らしする場合の支出内訳や節約の方法などをご紹介します。

一人暮らしをしたいけれど、収入が低くて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

手取り12万円での女性一人暮らしの支出内訳

女性が手取り12万円で一人暮らしをするのは可能なのでしょうか

実際の支出内訳を紹介しながら、手取り12万円の一人暮らしのリアルな生活をみていきましょう。

 

<手取り12万円の支出内訳>

手取り12万円で一人暮らしをする場合の支出割合の目安は以下のようになります。

一人暮らしを検討する際や物件選びの参考にしてみてください。

家賃 40,000円
食費 25,000円
水道光熱費 15,000円
通信費 10,000円
日用品・消耗品費 10,000円
娯楽・交際費 15,000円
予備費 5,000円

 

手取り12万の女性が一人暮らしで困る3つのポイント

女性が手取り12万円で一人暮らしをすると、以下の3つの部分で困るポイントが出てきます

  1. 貯金ができない
  2. 自由なお金がなくなる
  3. 不意な出費に対応できない

上記の支出割合のように、手取り12万でも一人暮らしをするのは可能ですが、手取りはほぼ使い切ってしまい、ギリギリで余裕のない生活になってしまうのです。それぞれのポイントについてさらに詳しくみていきましょう。

 

ポイント①:貯金ができない

1つ目は、貯金ができないことです。

手取り12万円で一人暮らしをすると、生活費だけで収入のほとんどがなくなってしまうため、貯金に回す予備費はほとんど残りません

一人暮らしをしたいと思っても、部屋を借りるための敷金・礼金など初期費用を用意するのも難しいかもしれませんし、はじめてからも、経済的・精神的に余裕のない生活になってしまいます。

 

ポイント②:自由なお金がなくなる

2つ目は、自由に使えるお金がないことです。

上記の支出内訳のように、手取り12万円だと、友達と食事に行ったり、洋服やコスメを買ったりなど自由に使えるお金もほとんどなくなります

収入のほとんどは食費や光熱費、通信費など必要な費用に回してしまうため、せっかく働いているのに自分のためにはお金を使えず、楽しみがなくなりストレスの原因になってしまうかもしれません。

 

ポイント③:不意な出費に対応できない

3つ目は、不意の出費に対応できないことです。

手取り12万円で生活をしていて一番困るのは、ケガや病気などで大きな出費が必要になったときでしょう。

もし急に入院しなければならなくなったりした場合、仕事もできなくなり、貯金もないので医療費を支払うのが難しくなってしまいます。

 

手取り12万で女性が一人暮らしするための節約5選

手取り12万円での生活はなかなか厳しいものがありますが、それでも、一人暮らしをしたいという方は、さまざまな費用を切り詰めて節約する必要があります

一人暮らしの女性におすすめな節約のコツを5つご紹介します。

  1. 家賃の安い物件に引っ越す
  2. 食事は自炊を心がける
  3. 通信費・スマホ代を見直す
  4. 水道光熱費を節約する
  5. 買い物は安い店舗を選ぶ

 

コツ①:家賃の安い物件に引っ越す

1つ目は、家賃の低い物件を選ぶことです。上記の支出内訳でも家賃は一番高い割合を占めており、家賃が安い物件に住めば毎月の固定費を大きく減らせます

通常、家賃は手取りの3分の1が目安といわれており、12万円なら最大4万円までとなります。

しかし、家賃に4万円近くかけると、手元にほとんどお金が残らないため、手取りの4分の1である家賃3万円ほどで済む物件を探します。

とはいえ、東京で普通の賃貸物件を探すと、家賃4万円代以下はなかなか見つからないでしょう。

そこで、部屋を探す際は、シェアハウスのように低額で入居できる物件を中心にするのがおすすめです。

【関連記事】東京で家賃を抑える5つの方法を紹介!家賃相場をあわせて解説

 

コツ②:食事は自炊を心がける

2つ目に、毎日の食事はできるだけ自炊を心がけるようにしましょう。

可能なら3食すべて自炊で済ませ、特別な場合を除いて外食はしないようにします。

自炊に関しても、スーパーで安い食材などを買い溜めし、一度に大量に料理して、作り置きしたものを冷凍保存でストックするといったように、なるべくコストパフォーマンスを良くしましょう。

料理はアイデア次第で手間やコストを抑えられるので、自分なりに工夫してみてください。

 

コツ③:通信費・スマホ代を見直す

3つ目に、通信費やスマホ代を見直して、お得な事業者や料金プランに変更しましょう。

スマホは今や生活の一部になっており、通信費も簡単に節約できるものではありませんが、事業者や料金プランの見直し、格安スマホへの変更などを行えば、費用削減が可能です。

例えば、大手キャリアから格安SIMに変更すると、月2,000~3,000円程度でスマホを使えるようになる場合もあります。

ほかにも、使い放題プランの利用や固定回線のネットをやめてポケットWi-Fiを使うなどの方法で通信費を抑えられます。

 

コツ④:水道光熱費を節約する

4つ目は、水道光熱費の節約です。

通信費同様、電気・ガスをセットで契約したり、事業者や料金プランを見直したりすれば、毎月の出費を抑えられます。

月々の光熱費が1,000円安くなれば、年間では10,000円以上節約できます。

ガスは都市ガスが利用できる物件を選べば、プロパンガスよりガス代を抑えられます。

また、料金面だけでなく、お風呂はシャワーで済ませる、洗い物で水を出しっぱなしにしない、使っていない家電のコンセントを抜くなど細かな節約も大切です。

 

コツ⑤:買い物は安い店舗を選ぶ

5つ目に、買い物をする際は、なるべく安く買える店を選ぶようにしましょう。

コンビニよりもスーパーやドラッグストアを利用したほうが、食品や日用品を少しでも安く購入できます。

また、シェアハウスのように家具・家電や日用品の一部などが用意されている物件なら、家賃だけでなく、家具・家電や日用品の購入費用も抑えられます。

【関連記事】東京での生活費を下げる方法とは?一般的な平均データも紹介!

 

手取り12万でも住みやすいシェアハウスはいかがですか?

一人暮らしといえども、女性が手取り12万円で暮らしていくと、お金の余裕がなく、厳しい生活になってしまいます。

収入面の不安はあるけれど、どうしても一人暮らしをしてみたいと考えている方には、シェアハウスがおすすめです

シェアハウスなら家賃も安いだけでなく、敷金・礼金などもいらず、家具・家電なども揃っているので、初期費用を抑えて一人暮らしをはじめられます。

また水道光熱費込みの物件が多いので、生活費を抑えるのに適切です。

女性の一人暮らしにおすすめのシェアハウスを3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【インスタグラム】シェアハウスの防犯面が不安ですか?

 

女性専用のシェアハウス①:TOKYO β 西高島平10

家賃25,000円 | 西高島平10の全ての写真を見る

1つ目は、TOKYO β 西高島平10です

都営地下鉄三田「西高島平駅」まで徒歩10分の場所に位置し、池袋32分、新宿42分、大手町35分と各方面へのアクセスも良好です。

全室鍵付き個室でプライベートもしっかり守れ、近所にはコンビニなど必要なお店も揃っているので、生活にも不便はありません。

 

女性専用のシェアハウス②:TOKYO β 竹ノ塚18

家賃25,000円 | 竹ノ塚18の全ての写真を見る

2つ目は、TOKYO β 竹ノ塚18です

東武スカイツリーライン「竹ノ塚駅」から徒歩10分の距離にあり、乗り換えなしで上野まで17分、秋葉原まで22分、銀座まで33分で到着できます。

近くには大型スーパーやディスカウントストア、コンビニ、飲食店などが揃っていて、とても便利な場所にあります。

 

女性専用のシェアハウス③:TOKYO β 梅島12

家賃28,000円 | 梅島12の全ての写真を見る

3つ目は、TOKYO β 梅島12です。

東武スカイツリーライン「梅島駅」から徒歩16分の場所にあり、乗り換えなしで上野まで15分、秋葉原18分、銀座31分、六本木40分でアクセス可能です。

最寄りには商店街もあり、スーパーやコンビニ、ファーストフード、居酒屋まで、なんでもあるので、生活するのに不便を感じることはないでしょう。

 

まとめ

女性が手取り12万円で一人暮らしをする場合、生活していくことはできますが、毎月お金に余裕がないギリギリの生活になってしまいます。

そのため、光熱費や通信費など、さまざまな節約を心がける必要があり、なかでも大切なのが、支出に占める割合の大きな家賃です。

家賃を少しでも節約したい方は、シェアハウスを選べば、初期費用や家具・家電、日用品などの購入費用も抑えられます。

手取り12万円で一人暮らしを考えている女性の方は、選択肢の1つとして、シェアハウスも検討してみてください。

 

家賃4万円以下で住めるおすすめの女性用シェアハウスはこちら

【関連記事】女性が東京で一人暮らしする際の住みやすい街5つ | 治安重視でご紹介

【関連記事】東京の一人暮らしで生活費を節約するポイントを費用別に徹底解説!

【関連記事】東京で安く住む方法を徹底解説!方法ごとの詳しい内容を紹介!