ホーム > お知らせ・コラム > 手取り20万で一人暮らしはきつい?家賃相場や生活費の抑え方を紹介

手取り20万で一人暮らしはきつい?家賃相場や生活費の抑え方を紹介

手取り20万で一人暮らしはきつい?家賃相場や生活費の抑え方を紹介

東京で手取り20万円で一人暮らしをするのは、正直きついと悩んでいる方はいませんか?東京は物価が高いため、ワンルームを借りるだけでも8〜9万円程度は覚悟する必要があります。

そのため、多少通勤に時間がかかったとしても、都心から離れた場所で物件を探そうとしている人もいるはずです。また、なんとか生活費を切り詰めようと節約を頑張っている人もいるでしょう。

そこで本記事では、手取り20万円の一人暮らしの家賃相場や、生活費の抑え方をまとめました。少しでも余裕のある生活をしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

手取り20万で一人暮らしはきつい?

「手取り20万円で一人暮らしはきつい?」こんな悩みを持っている方は多くいるでしょう。

結論、手取り20万円でも一人暮らしはできます。手取り20万円で一人暮らしするには、住む家の条件や生活にかかる費用に関しては工夫をする必要はあります。

特に、東京で一人暮らしをする場合には家賃相場も高くなるため、地方での一人暮らしより工夫しないといけません。

そのため、手取り20万で一人暮らし、場所も東京となると「きつい」と思う方も多いでしょう。しかし家賃を抑え、生活費を抑える方法を知っていれば、東京でも一人暮らしは可能です。

そこで、手取り20万円で東京で一人暮らしをする場合の家賃や生活費の内訳をまとめました。これから東京に引っ越す予定の方は、生活のイメージができるので、ぜひチェックしてみてください。

 

手取り20万の家賃相場

一人暮らしを始めるにあたって、最初に悩むのが部屋探しでしょう。一般的に収入の3分の1が家賃の目安と言われているため、手取り20万円だと6〜7万円の物件を探す必要があります。

ただ、東京では地方とは違い6〜7万円ではワンルームを借りるのも難しいエリアばかりです。都心から離れた物件なら見つけられますが、通勤に時間がかかるため、ストレスになるかもしれません。

そのため、一軒家で複数の同居人と一緒に暮らすシェアハウスなど、安い物件を探す必要があります。シェアハウスなら駅から徒歩圏内に6〜7万円の物件も存在します。家賃を少しでも安く抑えたいのなら、シェアハウスを検討してみましょう。

 

家賃以外の内訳

家賃以外で一人暮らしするのに必要な費用は下記の通りです。

【手取り20万円の場合】

家賃 60,000円
食費 40,000円
光熱費・通信費 35,000円
交際費や娯楽費 30,000円
その他 10,000円
合計 175,000円

家賃を6万円台で見つけられれば、多少貯金に回せるお金も残るでしょう。しかし、家賃がそれ以上だとかなり切り詰めないと生活はギリギリになります。手取り20万円で東京で暮らす場合はほとんど余裕はないと思っておきましょう。

 

一人暮らしで生活費を抑える方法

一人暮らしの生活費を抑える方法としては、食費や光熱費、交通費などから節約できる部分を探すことが大切です。下記が毎月必要になる生活費です。

  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費
  • 通信費
  • 交通費
  • 保険料

通信費や保険料などは見直すことで安くなる可能性があります。もっと詳しく生活費のことを知りたいのなら、こちらの記事も参考にしてみてください。

【関連記事】東京での家賃を下げる方法

 

手取り20万の方にシェアハウスをおすすめする3つの理由

手取り20万円なら、普通の賃貸物件よりもシェアハウスのほうがおすすめです。ここでは、手取り20万円の方にシェアハウスがおすすめな3つの理由を解説します。家賃を抑えられれば、余裕ができて貯金もしやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめする理由①:家賃を抑えられる

都心でワンルームを借りようと思ったら家賃は8〜9万円は必要です。駅から近く、築年数が浅い物件なら10万円は超えます。一方、シェアハウスだと同じくらいの広さの部屋でも5〜6万円くらいで賃貸が可能です。しかも駅から近い物件も多いため、無理なく仕事に通えます。

他人との共同生活なので気を遣う部分もありますが、個室があるシェアハウスを選べば、きちんとプライバシーも守られます。手軽に家賃を抑えられるため、手取り20万円でラクに暮らしたいのなら、シェアハウスを検討してみましょう。

【関連記事】東京で家賃を抑える5つの方法を紹介

 

おすすめする理由②:家具の費用が発生しない

シェアハウスのメリットは家具や家電が完備されているところです。新生活を始めるには家具や家電を一式買い揃える必要があります。しかし、冷蔵庫や洗濯機、レンジ、コンロなど全て買い揃えるには、かなりまとまった費用が必要です。

他にも新生活を始めるには食器や調理器具、生活用品などさまざまな出費が予想されます。シェアハウスなら全てが揃った状態で貸してくれるため、最小限の生活用品を揃えるだけで済む点が魅力です。

 

おすすめする理由③:敷金礼金がかからない

賃貸物件を借りるには、初期費用として敷金・礼金が必要です。敷金は家賃の2〜3ヶ月分。礼金は家賃の1ヶ月分が相場です。一方、シェアハウスなら敷金や礼金がいらないところも多いため、初期費用を抑えて新生活を始められます。

また、東京では2年ごとの賃貸更新の際に、更新料を家賃1ヶ月分支払うこともあります。地方だと2年毎に更新料を払う習慣がないところもありますが、関東地方では一般的なので忘れないようにしましょう。

気軽に東京で新生活を始めたいのなら、賃貸物件を探すより、シェアハウスでお金が貯まるまで生活するのがおすすめです。

 

Tokyo βのおすすめ物件

ここでは、東京にあるシェアハウス「Tokyo β」のおすすめ物件を紹介します。どの物件も管理会社が同じなため、サポートが行き届いています。週1回清掃も入るため、共有スペースも清潔に利用することが可能です。

 

物件①:TOKYO β 中野5

家賃49,000円|中野5の全ての写真を見る

JR中央・総武線「中野駅」から徒歩12分の場所にあるTOKYO β 中野5。全室個室で20名まで住めるシェアハウスです。洗濯機や冷蔵庫、家電、調理器具など完備されているので、最小限の荷物で新生活をスタートさせられます。個室があるのでプライバシーもきちんと守られている点もメリットです。気軽に東京生活を始めたいのならTOKYO βのシェアハウスを検討してみましょう。

 

物件②:TOKYO β 蒲田4

家賃49,000円|蒲田4の全ての写真を見る

蒲田駅から徒歩約10分の場所にあるTOKYO β 蒲田4。3路線を利用できるアクセス抜群のシェアハウスです。ドラッグストアやスーパー、飲食店も多いため、買い物や食事に困ることなく快適に暮らせます。共有スペースで利用する日用品や家具・家電は揃っているため、すぐに生活を始められます。完全個室なのでプライバシー面が気になる方でも安心して暮らせるでしょう。

 

物件③:TOKYO β 西新宿五丁目1

家賃59,000円|西新宿五丁目1の全ての写真を見る

都営大江戸線「西新宿五丁目駅」から徒歩4分の好立地にあるTOKYO β 西新宿五丁目1。全14部屋ある2階建ての築浅物件です。ベッドや冷蔵庫、デスクは個室に完備されています。新宿駅までは徒歩約22分なので、運動不足解消に歩いて買い物に行くのもおすすめです。

 

まとめ

東京で手取り20万だと余裕のある暮らしはなかなか難しいものです。ワンルームの家賃だけでも8〜9万円程度はするので、なるべく安く東京に住みたいのならシェアハウスを検討してみましょう。

シェアハウスなら家具や家電も完備されているため、まとまった初期費用がかかりません。必要なものといえば、洋服や寝具など最低限のものなので、安く東京生活を始めたい方におすすめです。

本記事では、都内のおすすめシェアハウスを3件紹介しています。いずれも週に1回清掃が入るので、共有部分はいつもキレイで清潔な点が魅力です。気になったシェアハウスがあったら、ぜひ問い合わせからしてみましょう。

手取り20万でも一人暮らしできるシェアハウスはこちら

【関連記事】手取り12万で女性の一人暮らしは可能?支出内訳ややりくりのコツを紹介

【関連記事】東京の一人暮らしで生活費を節約するポイントを費用別に徹底解説!

【関連記事】シェアハウスのメリット・デメリットとは?失敗しないための”3つ”のポイントも解説