ホーム > お知らせ・コラム > 手取り14万で一人暮らしできる?生活費の内訳や抑え方を紹介

手取り14万で一人暮らしできる?生活費の内訳や抑え方を紹介

手取り14万で一人暮らしできる?生活費の内訳や抑え方を紹介

東京で手取り14万円で一人暮らしがしたいと考えている方はいませんか?しかし、ただでさえ東京は物価が高いため、「手取り14万円で貯金ができるのか?」「そもそも生活は可能なのか」など、不安に感じている人もいるでしょう。

たしかに東京は賃貸物件が高いため、手取り14万円で良い条件の物件は見つかりづらいはずです。しかし、都心から離れた場所やシェアハウスなどを探すことで、家賃は大幅に抑えられます。

本記事では、東京で手取り14万円で一人暮らしができるかをまとめました。生活費の内訳や抑え方も分かるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

手取り14万で一人暮らしできる?

正直、手取り14万円だと地方ならともかく、東京ではかなり厳しい生活になります。東京ではワンルームマンションでも8万円〜9万円が相場です。もし、都心の便利な立地を選ぶのなら10万円は超えるでしょう。

そのため、かなり安い物件を見つけるほか東京で手取り14万円で一人暮らしは難しいです。また、家賃の件をクリアしたとしても、月々の生活費もかなり節約する必要があります。外食は避けて自炊をメインにしたり、電気をこまめに消して光熱費を抑えたり節約できるところは徹底的に抑えましょう。

 

手取り14万の内訳

手取り14万で一人暮らしをしたいのなら、まずは現状を知ることが大切です。家賃は給与の3分の1程度が目安なので、例えば家賃4万6千円の物件で生活をするのなら、生活費は下記のような内訳になるでしょう。

【手取り14万円の毎月の内訳】

家賃 46,000円
光熱費 8,000円
食費 30,000円
通信費 12,000円
交際費・娯楽費 20,000円
交通費 8,000円
雑費 8,000円
合計 132,000円

上記の表で確認するとなかなか厳しい生活なのが分かってもらえるでしょう。家賃は給与の3分の1といいますが、あくまで目安です。手取りが14万円なら実際はもっと安く、給与の4分の1で検討したほうがよいでしょう。

生活費のなかで家賃は大きな出費になるので、可能な限り安い物件を探すことが大切です。東京ではワンルームでも4万6千円の物件はなかなかありません。そのため、シェアハウスを検討するなり、情報を集めて賢くやりくりする必要があります。

 

手取り14万の一人暮らしで生活費を下げる6つのポイント

下記の項目が毎月かかる生活費です。手取り14万円で一人暮らしをするのなら、このなかから節約できるものを選択して実行するしかありません。もっとも、簡単に節約できるのは、食費です

東京で生活費を下げたいのなら、なるべく外食を避けて自炊するようにしましょう。自炊なら外食をメインにした場合より、月の食費を3分の2程度に抑えられます。行ける範囲で安いスーパーを調べ、特売日などを狙って日用品を揃えるなどすれば、毎月貯金に回せるお金も増えるでしょう。

  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費
  • 通信費
  • 交通費
  • 保険料

通信費や保険料も見直すことで安くすることができます。また、家賃は毎月の大きな出費なので、可能なら限界まで抑えたほうがよいでしょう。給与の3分の1が家賃の目安といいますが、手取り14万円だと実際はもっと抑えなければ生活が厳しくなります。そのため、給与の4分の1くらいを目安にすることをおすすめします。

もっと詳しく生活費を下げる方法を知りたいのなら、こちらの記事も参考にしてみてください。

【関連記事】東京で家賃を抑える5つの方法を紹介

 

シェアハウスなら家賃を節約できます

家賃は毎月必要な大きな出費なので、節約ができれば家計への負担はかなり減るはずです。都心だとワンルームでも8〜9万円は必要ですが、立地条件や築年数などをある程度許容すれば安い物件も見つけられます

ほかにも、他人との共同生活を受け入れられるのなら、シェアハウスという選択肢もおすすめです。シェアハウスならトイレやキッチン、お風呂などは共有になりますが、駅から近く、設備の整った環境の物件も多くあります。敷金・礼金も不要なので、初期費用を抑えて新生活を始めたい方にも最適です。

 

Tokyo βのおすすめの物件を紹介

東京でシェアハウスを探しているのなら「Tokyo β」の物件もおすすめです。交通の便が良く、家賃も格安なため、初期費用を抑えて新生活を始められます。今なら抽選で毎月50名にamazonギフト券2,000円分がもらえるキャンペーン中です。LINEで応募するだけなので、引っ越し後の生活資金に気軽に応募してみてください。

 

物件①:TOKYO β 荻窪2

家賃44,000円|荻窪2の全ての写真を見る

荻窪駅から歩いて約14分の場所にあるTOKYO β 荻窪2。定員18名の設備が整ったシェアハウスです。駐輪場があるため、駅までは自転車で通勤できます。JR中央線・総武線・ 東京メトロ丸ノ内線の3路線が利用できるため、都内へのアクセスにも便利な立地です。

敷金・礼金は無料なので、初期費用を安く抑えられます。周辺には24時間スーパーや大型ショッピングセンターなどがあるため、買い物や外食もしやすい環境です。インテリアは白で統一されているので、清潔感があり、明るい印象があります。

 

物件②:TOKYO β 桜台5

家賃40,000円|桜台5の全ての写真を見る

西武池袋線「桜台駅」から歩いて約5分の好立地あるTOKYO β 桜台5。全12室を完備した外観がキレイな築浅物件です。敷金・礼金・事務手数料が無料なので、初期費用を抑えることができます。

西武池袋線と西武有楽町線の2路線を利用できるので、渋谷や銀座へもアクセスしやすい点が魅力です。専用スタッフが週1回、共用部分の清掃を行うため、衛生面も安心して暮らせます。冷蔵庫やエアコン、収納家具も部屋に備え付けてあるので、最小限の荷物で新生活を始められるでしょう。

 

物件③:TOKYO β 椎名町6

家賃46,000円|椎名町6の全ての写真を見る

西武池袋線「椎名駅」から徒歩5分の好立地にあるTOKYO β 椎名町6。全18室の2階建てのシェアハウスです。歩いて約20分で池袋まで行けるので、買い物や外食など自由に楽しめます。駅周辺は閑静な住宅街で、コンビニやスーパーもあるため、不便を感じることはないでしょう。

トイレやシャワー室、洗濯機、洗面台などの設備は各階に複数台あるため、混雑を回避できる点が魅力です。各部屋にベッドや収納家具、机も備え付けてあるため、最小限の荷物のみで引っ越しができます。共用部分は週1回スタッフが掃除してくれるので、いつでも清潔な環境で生活ができる点もポイントです。

 

まとめ

手取り14万円でも東京で一人暮らしは可能です。ただ、月々の出費はかなり切り詰める必要はあります。食事は自炊を中心にし、電気はコンセントから抜くなど節約を心掛けた生活をするようにしましょう。

また、月の出費で一番大きい家賃を可能な限り抑えることも大切です。一般的には給与の3分の1が家賃の目安といわれていますが、手取り14万円では生活が苦しくなります。そのため、給与の4分の1程度を目安に物件を探しましょう。初期費用を抑えたいのなら、敷金や礼金がいらないシェアハウスもおすすめです。

シェアハウスなら格安料金で駅から近い物件も多くあります。本記事でもおすすめシェアハウスを3件紹介しているので、気になる物件があれば、気軽に連絡をしてみましょう。

手取り14万でも一人暮らしできるシェアハウスはこちら

【関連記事】一人暮らし20代女性の貯金はいくら?平均額や貯金を増やす方法を紹介

【関連記事】東京の一人暮らしで生活費を節約するポイントを費用別に徹底解説!

【関連記事】東京に住むなら何を基準に選ぶべき?一人暮らしにおすすめの街9選!