ホーム > お知らせ・コラム > シェアハウス入居の初期費用の相場とは?その費用を抑える‟3つ”の方法も解説

シェアハウス入居の初期費用の相場とは?その費用を抑える‟3つ”の方法も解説

シェアハウス 初期費用

皆さんはシェアハウスへの入居を検討する際、まず何を意識しますか?
毎月の家賃や物件の広さ、入居条件やアクセスなどさまざまな観点があります。
しかし、まず気になるのは入居にかかる「初期費用」ではないでしょうか。
今回は、シェアハウスへの入居時にかかる初期費用の相場についてご紹介します。
その初期費用や毎月の生活費を抑える方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

シェアハウス入居の初期費用の相場

シェアハウス 初期費用 相場

まずは、シェアハウス入居の初期費用はいくらかという疑問を解消しましょう。
シェアハウスに入居するためにかかる初期費用と、それぞれの相場は以下の通りです。

  • 敷金・礼金→0円(物件により異なる)
  • 家賃→1カ月分の前払い(物件により異なる)
  • 保証金→約20,000円〜(1カ月分の家賃と同額になる場合もあり)
  • 契約・事務手数料→0円〜約30,000円
  • 火災保険料→約10,000円〜(0円の場合もあり)

一般的な賃貸物件とは異なり、比較的安い金額で新しい生活をスタートできるのがシェアハウスの特徴であり、メリットでもあります。

尚、TOKYO<β>では上記初期費用のうち保証金、火災保険料が不要になりますので初期費用を抑えたシェアハウスをお探しの方にオススメです。

 

一般賃貸物件の初期費用との比較

シェアハウスは一般賃貸物件と比較すると、敷金・礼金などの初期費用がほとんどかかりません
一般賃貸物件の多くは、敷金・礼金がそれぞれ約10万円近くかかります。
場合によってはさらに仲介手数料がかかることがあるので、この時点でおよそ30万円近くの開きになることもあります。

また、シェアハウスの場合には1カ月分の家賃の前払いで入居できるのに対し、一般賃貸物件では2〜3カ月分の前払いが必要になることが多くあります。
鍵の交換費用や家具・家電の用意も必要になる場合あるため、初期費用を安く済ませたいという観点のみから見れば、シェアハウスが圧倒的に有利といえるでしょう。

 

シェアハウス入居の初期費用を抑える方法

シェアハウス 初期費用 抑える

一般賃貸物件よりは安く新生活をスタートできるものの、シェアハウス入居の初期費用はまったく負担にならない金額かといわれれば、そういうわけではありません。
ですので、ここではシェアハウスの初期費用をできるだけ安く抑えるための方法をご紹介します。

 

方法①:家賃が安い物件を選ぶ

毎月の家賃が安い物件をあらかじめ選んでおくことで、初期費用として発生する前払い分の家賃を安く抑えられるでしょう。
毎月支払う金額も安くなるので、今後長くシェアハウスで生活することを考えれば、家賃の安さはとても重要です。
ただし、あまりにも安さにこだわりすぎてしまうと、条件の良くない物件を選んでしまう可能性があるので、注意してください。

 

方法②:キャンペーン中の物件を選ぶ

シェアハウス 初期費用

物件によっては、初期費用を対象としたさまざまなキャンペーンが実施されています
シェアハウスに初めて入居する際は、キャンペーン中の物件から探してみるのもおすすめの方法です。
ネットで「シェアハウス キャンペーン」と検索すれば、比較的多くの情報が手に入れられるので、試してみてください。
ちなみに、シェアハウスのキャンペーン内容として多いのは「1カ月分の家賃無料」や「長期入居割引」などがあります。
学生や新社会人を対象とした新生活応援キャンペーンは多いので、お住まいの地域に近い物件を条件として絞って探してみてはいかがでしょうか。

 

方法③:初期費用が一律の事業者を選ぶ

運営会社によっては、初期費用の金額を一律に設定しているところがあります
家賃と諸々の費用が含まれた金額になっているので、初期費用をより安く済ませたい方におすすめです。

また、初期費用が一律の運営会社を利用すれば、シェアハウスでの新生活を始めるのに必要な費用を事前に把握できるというメリットがあります。

 

シェアハウスで毎月かかる生活費

シェアハウス 初期費用

シェアハウスでの生活をスタートさせるうえでは、初期費用だけでなく毎月の生活費についても把握しておかなければなりません。
シェアハウスでは、主に以下の生活費がかかります。

  • 家賃
  • 共益費
  • 水道・光熱費

このほかに食費交際費電話代など、個人の生活に必要な費用も加算されます。
シェアハウスでの生活をスタートさせるうえでは初期費用を準備するだけでなく、予め、毎月かかる生活費のシミュレーションをしておくことも大切です。

 

初期費用6.5万円以下の東京のシェアハウス

最後に、東京都内にあるいくつかのシェアハウスの入居時にかかる初期費用についてご紹介します。
今回は、以下のシェアハウスを見てみましょう。

  • STEP CLOUD四つ木Ⅳ
  • ハナサカス平和島
  • 池袋WESTⅡ

 

シェアハウス①:STEP CLOUD四つ木Ⅳ

東京 シェアハウス

STEP CLOUD四つ木Ⅳは、押上駅から電車でおよそ5分の立地にあるシェアハウスです。
スカイツリーへのアクセスが抜群に良好で、休日には観光を楽しめるでしょう。

STEP CLOUD四つ木Ⅳへの入居には、以下の初期費用がかかります。

  • 家賃→1階:24,000円、2階:25,000円
  • 共益費→15,000円
  • 仲介手数料→0円

尚、入居には事務手数料が別途10,000円(税別)必要になります。
この他、退去時には清掃費10,000円(税別)がかかります。

同じ条件の物件はこちら

 

シェアハウス②:ハナサカス平和島

東京 シェアハウス

ハナサカス平和島は、品川まで電車で約6分と、東京各所へのアクセスがしやすい物件です。
女性専用シェアハウスなので、若い女性でも安心して入居できるメリットがあります。

ハナサカス平和島への入居に必要な初期費用は、以下の通りです。

  • 家賃→1階:32,000円、2階:33,000円
  • 共益費→15,000円
  • 仲介手数料→0円

仲介手数料なしで入居できますが、事務手数料は別途10,000円(税別)が必要になります。
また、退去時には清掃費10,000円(税別)がかかります
初期費用を6万円程度に抑えたい方におすすめの物件といえるでしょう。

同じ条件(女性専用)の物件はこちら

 

シェアハウス③:TOKYO β 椎名町2

東京 シェアハウス

TOKYO β 椎名町2は、要町駅から徒歩2分の位置にある物件です。
徒歩圏内に池袋駅もあるので、通勤に便利な物件です。

TOKYO β 椎名町2の入居にかかる初期費用は、以下の通りです。

  • 家賃→1階:38,000円、2階:39,000円
  • 共益費→15,000円
  • 敷金・礼金→0円

こちらの物件も、入居時には10,000円(税別)の事務手数料が別途発生します。
また、退去時に清掃費として10,000円(税別)がかかるので、注意してください。

同じ条件(池袋エリア)の物件はこちら

 

まとめ

今回は、シェアハウスの入居時にかかる初期費用について、その内訳や一般賃貸物件との違いなどの観点でご紹介しました。
毎月の生活費や東京のシェアハウス入居時にかかる初期費用などの例もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
シェアハウスでの生活をスタートするには、毎月の生活費だけではなく、初期費用の準備も必要不可欠です。
決して安い金額ではないため、しっかり把握して準備したうえで自分に合ったシェアハウスを探してみてください。

初期費用6.5万円以下の物件一覧はコチラ

【関連記事】シェアハウスのメリット・デメリットとは?失敗しないための”3つ”のポイントも解説
【関連記事】シェアハウスの間取り実例を人数別でご紹介!”5つ”の間取り選びのポイントも解説
【関連記事】シェアハウスでトラブルになる”5つ”の原因と対策を徹底解説